これを見ればトラック買取の全てがわかる

これを見ればトラック買い取り方法の全てがわかるまとめ

トラックを売却する際には、普通乗用車を売却するよりもシビアに買取業者を探す必要があります。
売却時に損をしないためにも、どうしたら高く売却できるのかを事前に把握しておくことが大切です。

 

 

 

買取の相場

 

トラック売るときに新車購入先ディーラや買取業者などで査定を受ける人も多いでしょう。

 

しかし、トラックにはきちんとした査定基準が設けられていないため、ディーラーや買取業者によって買取金額が大きく変わってしまいます。

 

一般的な普通乗用車であれば、走行距離・車種・年式からある程度の相場を知ることが可能です。

 

トラックは普通乗用車と比較してみると、販売台数が極端に少なく、査定基準や買取相場が安定していません。

 

さらに、トラックには様々な形状があります。

 

全く同じキャビンが採用されていても、平ボディ、パネル、ダンプ、ユニック付など用途に合わせて作られているため、形状によっても買取金額が上下してしまいます。

 

そのため、ディーラーや買取業者に依頼をすると、本来の価値を優先されることなく、赤字にならない程度の安全な価格で買取されてしまうケースがあります。

 

最悪の場合には、買取不可とされてしまう可能性もあるんです。

 

 

高く売却する方法

 

トラックを少しでも高値で売却する方法は、トラック買取専門業者に査定を依頼することです。

 

買い取ったトラックを直接販売しているような専門的な業者であれば、形状によって需要などを把握しているため、本来の価値で買取をしてもらえます。

 

さらに、専門業者は国内で販売しているだけでなく、過走行車や年式が低く国内では値段が付かないようなトラックも海外へ輸出をしているため、買取不可になりになりにくいメリットもあります。 

 

さらに高く売却するためには、1つの買取業者だけで決めるのではなく、複数の買取業者を利用するのがおすすめです。

 

普通乗用車であれば買取業者を簡単に見つけることができますが、トラック専門の買取業者は店舗数が少なく複数見つけることは難しいでしょう。

 

インターネットを利用して複数のトラック買取専門業者から見積もりをもらう方法があります。

 

同じようなトラック専門の買取業者でも、業者によって需要が若干異なるため、査定や評価基準が変わります。

 

少しでも高く売却をしたいと考えた場合には、最低でも2社〜3社程度の見積もりが必要になります。

 

 

トラックを売るときに知りたい査定が上がりやすい時期とは?

 

トラックを売る 

 

 

普通自動車の相場が上がりやすい時期があるように、トラックにも相場が上がりやすい時期があります。

 

例えば普通であれば、夏場はオープンカーなどの需要が高くなり査定が高くなる傾向にあります。

 

逆に冬場は雪対策のために4WDなどが高くなる傾向にあります。

 

トラックの場合には、春先に需要が多くなる傾向にありますので、相場が高くなっているこの時期に合わせて売却するのがおすすめです。

 

逆に低査定になりやすいのが、春先に仕入れたトラックが売却できずに売れ残ってしまった初夏に値段が落ちてしまいます。

 

下取りの場合には時期による査定額の変化がなく、基本となる価格表だけで決めているため、高額になることはほとんどありません。

 

トラックだけに言えることではありませんが、車両は売却できずに放置してしまうと、どんどん価格が落ちてしまいます。

 

時期を逃すと車両自体が売却不可になってしまう可能性もあることから、査定が上がりやすい時期だけを考えるのではなく、売りたいと思ったときに売却を考えるのがおすすめの時期になります。

 

 

売却時に必要になるもの

 

所有しているトラックをスムーズに売却するためには、必要になる書類などを事前にまとめておく必要があります。

 

書類が1つ欠けているだけでも、取得に時間がかかってしまい売却が遅くなってしまう可能性もありますので注意してください。

 

委任状・譲渡証明書・印鑑証明・車検証・自動車税納税証明書・自賠責保険証明書が必要になる書類です。

 

事業者用としてトラックを使用している場合には、事業用自動車等連絡書が必要になります。

 

違いはナンバープレートの色で、緑色であれば事業者用となり、白色であれば自家用となります。

 

白色のナンバーを使用している場合には不要です。

 

これらの書類を利用してトラック買取業者が代行して手続きを進めてくれますので、自分でする必要はありません。

 

相手が買取業者でもディーラーでも必ず必要になる書類なので、売却を決めた時点で用意しておくとその後の取引がスムーズにできるようになります。

 

トラックは普通乗用車よりも売却する業者が大切になることを分かっていただけたと思います。

 

売る業者、売る時期をしっかりと考えた上でトラックは売却する方が損をしにくくなります。

 

新車を購入する予定で下取りに安易に出してしまうと、大きな損をしてしまう場合もありますので、慎重に決めるようにしましょう。

 

業者によっては数十万以上の差が出てしまうこともありますので、ある程度納得ができる金額で買取をしてくれる業者を探すことからスタートしてみてください。

どのようなトラックでも買取りしてくれる

中古トラックでも現金化できる。

 

まずは無料査定へ

関連ページ

中古トラックの買い取り
中古トラックを売却を考えているのであれば、買取査定に依頼するとディーラーとも価格差にビックリ!思ってもみない価値が見いだせる可能性があります
トラック買取で高く売るコツとは
トラック買取で高く売るコツをご紹介しています

ホーム