重機運搬車は高額買取査定してくれるの?

重機運搬車は高額買取査定してくれるの?

ユンボなどは一般の道路の自走は禁止されているため、工事現場まで運ぶためには重機運搬車が必要になります。
その重機運搬車も需要があるため査定してもらうと、思っていた以上の金額になることがあります。
こちらでは最も高く売れる方法をご紹介しています。

 

一括査定で買取金額差が52万円

 

 

重機運搬車は工事現場の不整地で荷物を運搬するための特殊自動車のことを言います。

 

セーフティーローダー、セルフローダー、重機回送トレーラーの3つに分けることが出来ます。

 

不整地運搬車はダンプが入れないような狭い工事現場でも0.5tクラスの小型から、4tを超えるものまで様々な規格があるため、効率的に荷役作業が可能となり、用途や現場に合わせて選ぶことが出来ます。

 

ですが、ディーゼル車となっていて、重量が大きいために燃費が悪いという傾向があります。

 

それでも、多くの需要があり中古車市場でも、買取・販売問わず取引が行われている車両でもあります。

 

ですので、仕事で不要になった不整地運搬車や買取価格を知りたいという方は査定してもらうことをオススメします。

 

 

高く買取してもらうには

 

重機運搬車買取重機運搬車は、建設会社などでの需要は高く高価買取が可能な車両といわれています。

 

そのため中古車市場や買取市場での需要が高い時に売却すると、高い価格で売却できる可能性があります。

 

ですので、買取業者選びは大切になって来ます。

 

できるだけ複数の業者に依頼することで高額で査定してくれる確率が上がって来ます。

 

 

 

セルフローダーの買取相場はどの程度?

 

こちらではセルフローダーの買取相場をご紹介しています。
注意点として車種の形状や走行距離、キズやサビなどで買取価格に違いが出てきます。

 

日野レジャー セルフローダー 走行距離:20万km 年式:H18年 査定金額:690万円

 

日野プロフィア セルフローダー 走行距離:50万km 年式:H10年 査定額:450万円

 

注意点として

 

不整地運搬車の主なメーカーは小松製作所、日立建機、ヤンマー、三菱重工などがありますが、特殊自動車を一般の車査定業者に依頼すると期待するほどの査定額は望めません。

 

ですので、不整地運搬車のような特殊なものを査定してもらう時は特殊自動車を扱っているトラック買取業者に依頼すると、どのような状態の重機でも買い取りしてくれますのでオススメします。

 

一括査定で買取金額差が52万円


ホーム