おおまかな特定自主検査の金額を知りたい!

各重機による特定自主検査(年次点検)の金額はいくら?

各重機による特定自主検査(年次点検)料金を下記に記載しています。

 

業者によっては一部値段が変わってくることがありますのでご理解下さい。

 

 

ブルドーザーの特定自主検査(年次点検)費用及び金額

7.7t未満          30000円
7.7t以上 14.7t未満   35000円
14.7t以上 21.5t未満   40000円
21.5t以上 28t未満    45000円
28t以上 42t未満     50000円
42t以上 51t未満     55000円
51t以上 67.5t未満    60000円
67.5t以上          70000円

 

 

不整地運搬車の特定自主検査(年次点検)費用及び金額

3t未満         20000円
3t以上 7t未満  30000円
7t以上 12t未満  40000円
12t以上              50000円

 

 

油圧ショベルの特定自主検査(年次点検)費用及び金額

1t未満                          20000円
1t以上 5.4t未満              25000円
5.4t以上 10.7t未満          30000円
10.7t以上 15.4t未満    35000円
15.4t以上 30.1t未満    40000円
30.1t以上 56.6t未満    50000円
56.6t以上 95t未満     70000円
95t以上 160t未満    70000円
160t以上           70000円

 

 

 

特定自主検査は個人使用でも受けないといけないのか?

 

農家の方はフォークリフトなどの重機を私有地で使用している方がいます。

 

そのような方も特定自主検査(年次検査)は労働安全衛生法により定められています。
ですから、受ける必要があります

 

万が一に検査を受けてない重機で、事故が起きた場合は面倒な事になります。
お気をつけ下さい。

 

 

特定自主検査の方法と資格検査者

 

特定自主検査の方法と資格検査者は2つの方法があります。

 

 

「事業内検査」

 

自社で使用する機械を、資格を持つ検査者に実施させる。

 

資格検査者としては、
厚生労働大臣が定める研修を修了した者
国家検定取得者等一定の資格のある者となります。

 

 

「検査業者検査」

 

依頼により登録検査業者が実施する。

 

資格検査者としては、
厚生労働大臣に登録した検査業者
都道府県労働局に登録した検査業者となります。

 

 


ホーム