重機の買取と下取りの違いで値段に差がつく

重機を処分するなら買取と下取りならどっち?

中古重機でも買取可能

中古重機でも現金化できる。

 

トラック一括査定王

知っておきたい!重機の買取と下取りの違い

 

重機,下取り,買取,違い

建設現場で長年使用した重機はいつか買い替え時が来ます。

 

その時に
重機を下取りしてもらうのか?
買取してもらうのか?

 

どちらがお得で良いのだろうとお考えになると思います。

 

 

下取りとは

 

販売店で買うトラック・重機の購入資金に、現在使用しているトラック・重機を売った代金を充てることです。

 

 

インターネットが普及するまでは、販売店で購入する際に、今まで使っていたトラック・重機を下取りに出すのは、いたって普通のことでした。

 

 

下取りの価格も販売店が独自に持っている価格相場表に合わせて下取り額を決めていました。
その下取り金額を購入トラック・重機の金額から差し引いた金額が、最終的に販売店に支払う金額となります。 

 

この下取り価格は、オークションなどの市場と必ずしも一致するものでは無く、下取り金額にも大きな差があるのも当然のことでした。

 

 

そのため、市場の下取り相場が判らない購入者は、本来の価値以下で下取りに出してしまうケースがとても多かったのです。

 

 

下取りでは余分な手数料を支払ってる

意外と知られていない、「下取り査定手数料」や「下取り諸手続き代行費用」のワナ。
下取りの際に、手数料がかかっていることがあります。

 

 

まずは重機・建設機械の下取り相場というのは、専門の業者に査定をしてもらうのがベストとなります。

 

 

その理由としては、重機や建設機械はメンテナンスをしっかり行っていると査定額が大幅に上がります。
中古販売をすることができ、コストを抑えたいという人には中古販売のトラック・重機・建設機械は人気です。

 

 

買取とは

 

重機の買取に特化した業者に査定してもらい、現金に変えることです。

 

 

買取業者のメリットは独自の流通ルートを確保している為、他の買取業者では買取が難しいような中古重機でも買取する事が可能になります!

 

重機の買取相場を知りたい方はこちらで教えています。

 

下取りと比べ比較的高額な査定がつく傾向があります。

 

次に知っておきたい重機買取業者の特徴 

 

ローンが残っている重機 
重機の買取相場

 

 

重機の下取りと比べ買取のメリット

 

重機の下取り金額の相場は曖昧ですが、買取金額の相場は決まっています。

 

 

重機の下取りでは「下取り査定手数料」「下取り諸手続き代行費用」が必要になりますが、買取ではこれらの費用は無料になります。

 

 

買取では査定後すぐに即金で支払ってもらうことも可能になってきます。

 

 

 

このように下取りと買取では同じ重機を査定に出した時、査定額は買取の方が高くなります。
更に、即金で支払われるため現金化できるメリットが出てきます。

 

重機の査定ランキングはこちらへ

重機買取では業界実績No1

重機を売りたい方へ

 

高額査定に自信あります


ホーム