ホイールローダー買取

これでプラス査定!ホイールローダー(タイヤショベル)の買取ポイント

長年使用したホイールローダー(タイヤショベル)を買取して欲しいがせっかく売るのだから、少しでも高く売りたいと思いますよね。
こちらでは他店と比べて高く買取してくれる業者をご紹介しています。

 

他店と比べて高く買取ってくれる業者がこちら>>>

 

 

ホイールローダー(タイヤショベル)は建設現場では土砂や石をダンプトラックに積込む時に使用され、
雪が多く振る県では除雪のために頻繁に使用される重機になります。

 

ホイールローダー買取 

 

公道を走行する場合は小型特殊自動車か大型特殊自動車の登録が必要になります。

 

 

ホイールローダー(タイヤショベル)のメーカーとして

・コマツ ・日立建機 ・キャタピラー ・コベルコ 
・クボタ ・ヤンマー ・TCM

などが有名です。

 

また、海外でも人気で需要も多くあります。

 

ホイールローダーの買取のポイントを知っておきましょう

 

ホイールローダーの刻印の位置をはっきりと把握しましょう。

 

これがないとマイナス査定になります。
バケツ部の先端が重要になります

 

 

カッチングエッジの減り具合で、バケツ部まで削れている場合はマイナス査定になります。
バケツ部ではなく先の方だけが削れている場合ではマイナス査定にはなりません。

 

タイヤはすり減っていないのか確認しましょう。

 

タイヤがすり減っているとマイナス査定になります。

 

キャビン型だとプラス査定になります。

 

アタッチメントで除雪仕様のブレード(スノープラウ)があればプラス査定になります。

 

付属品もあれば一緒に売りましょう
付属品の有無が買取金額に大きな影響を与えます。

 

稼働時間が買取相場を左右する
稼働時間が長ければ買取価格が落ちてしまいます

 

これはどうなのかわからない場合はとにかく見せてみましょう。
自分が思っている以上の評価をつけてくれる場合もありますよ。

 

 

ホイールローダー(タイヤショベル)について

 

ホイールローダー(タイヤショベル)とは、土砂や石等をすくい上げて、ダンプなどに詰め込む四輪駆動の建設機械のことを言います。

 

油圧ショベルよりサイズの大きいバケットを付けているため、より多くの土砂などを一度に詰め込むことが可能です。サイズやバケット部のアタッチメントの装備を変えることにより、市街地での土木工事から鉱山や砕石等大きな現場での土砂運搬、除雪作業、資材運びなど、多くの現場で活躍します。

 

サイズにも、小型のミニホイールローダーから超大型のサイズまで実に多くのサイズが揃っています。

中古ホイールローダーを高く買い取ってくれる

バッテリー上がり、破損した場合のホイールローダーでも需要はあるの?

 

需要はあります。
それもあなたが思っている以上の需要が!だから高く買ってくれます。

 

⇒1万円でも高く売りたいかたはこちら


ホーム