アスファルトフィニッシャーの買取ポイント

アスファルトフィニッシャーの買取ポイント

アスファルトフィニッシャーはアスファルト舗装に使用される重機です。

 

その重機も年々使用しているとスクリューコンベアの調子が悪くなったり、振動能力が低下してきたりと劣化してくるものです。

 

その時に処分方法ですが、アスファルトフィニッシャーを買取査定してもらう方法があります。

 

アスファルトフィニッシャーの買取 

 

アスファルトフィニッシャーの構造としては、アスファルト合材を積み込むホッパー。

 

原動機、走行装置を有するトラクタ部分とアスファルトを敷均すスクリード部分があります。

 

 

そして、ホイール式クローラー式の2つに分かれています。

 

ホイール式が最も一般的でタイヤで走行するタイプになります。

 

クローラー式はキャタピラーで走行するタイプで勾配が多い現場で使用されています。

 

 

査定時のポイント

 

アスファルトフィニッシャーの刻印プレートの位置を確認しましょう。

 

だいたいは中央部についていることがほとんどです。

 

これがあるのとないのとでは査定価格に響いてきます。

 

 

次にホッパー本体に付着物がないのかどうか?確認しましょう。

 

キレイに使用していると買取ポイントがアップします。

 

アスファルトフィニッシャーのホッパー 

 

最後にスクリュー部分がボロボロではないのかどうか?確認しましょう。

 

そして、一度確認しておいて欲しい事として、スペアのスクリュー部分はまだ置いていますか?ということです。

 

これはボロボロでも、スペアがあったほうが査定額アップの対象になりますので確認しておいて下さい。

 

 

以上がアスファルトフィニッシャーを買取査定に出したときに見られる部分であり、査定額が上がる部分になります。

 

ご参考になればと嬉しく思います。

アスファルトフィニッシャーを高く買います。

振動力が低下、塗装が剥がれている場合のアスファルトフィニッシャーでも需要はあるの?

 

需要はあります。
それもあなたが思っている以上の需要が!だから高く買ってくれます。

 

あなたのアスファルトフィニッシャーはいくらになるでしょう?


ホーム