ボロボロの土木建設機械でも買取ってくれるのか?

ボロボロの土木建設機械でも買取ってくれるのか?

長年使ってきた高所作業車やフォークリフトを、どのように処分したら良いか分からないことがあります。

 

廃車にしたいのですが、費用がかかるのでそのまま放置しておくこともあるでしょう。

 

現場で使うことが無いようなボロボロの土木建設機械でも、買い取ってもらうことは出来るのでしょうか。

 

 

ボロボロの重機でも買い取れるの?

 

ほとんどの人がボロボロの重機は使い道が無いと思っています。

 

実は動かなくなったような建機や重機を買い取ってくれる業者があります。

 

故障していたり、事故に遭ったりした重機でも買い取ってくれるのです。

 

廃車にするような錆が浮いた経年劣化したものでも、水没したものでも買い取ってくれます。

 

自分のところにある土木建設機械はもう価値がないとは思わずに、中古重機械取り業者に査定をしてもらいましょう。

 

最近は、インターネットで簡単に連絡して見積もりの依頼をすることが出来ます。

 

ほとんどの業者が無料で査定をしてくれますし、業者によってはその場で現金買取をしてくれます。

 

面倒な書類手続きなども、業者のスタッフがすべてしてくれるので安心です。

 

インターネットで申し込むと、全国ネットで買い取りをしている業者に売ることが出来るので、予想もしないような高値が付くことがあります。

 

 

重機を高く売れる理由とは?

 

ボロボロの土木建設機械をどうして高値で買ってくれるのでしょうか。

 

なぜなら日本で使われていた土木建設機械というのは、世界では高い人気があるからです。

 

海外で使われている重機には、日本のような車検の制度がありません。

 

日本の重機は定期的に検査をする制度があり、メンテナンスもきちんとされているのでボロボロと言ってもまだまだ稼働しますし、使える部品がたくさんあります。

 

国内で使われている重機のほとんどは国内メーカーのもので操作性が良いですし、部品の耐久性が高くなっているので海外で人気があります。

 

買取専門業者はまだ動く重機は買い取った後に整備をして海外へ売りに出します。

 

国によっては建設ラッシュのために一台でも多く土木建設機械を買い取りたいところがあるために、日本では考えられないような高値が中古重機に付きます。

 

業者は中古重機の海外相場を知っているので、日本ではあり得ない高い値段で重機を買い取ってくれるのです。

 

動かないような重機もパーツをばらして修理用部品として海外で売られます。

 

 

どんなに古かったり廃車になりそうな土木建設機械でも、業者は買い取ってくれますので安心しましょう。

 

もし処分したいときには、一度買取業者に連絡してみるのも良いかも知れないですね。


ホーム