トラックを解体して廃車費用は

トラックの廃車に掛かる費用の金額は?

トラックを廃車する時にかかる費用はいくらなの?

トラックの廃車に掛かる費用について説明しましょう。

 

解体と手続きで生じるのがその内訳ですが、場合による違いなども交えて述べることにします。

 

また手段によってもどれだけ掛かるかは変わってきますので、その点も記しておきます。

 

 

解体にはレッカー料金と作業費にリサイクル料金

 

トラックの廃車に必要な費用をまず挙げれば、それぞれの場合により0円から数万といったところです。

 

必要な費用の内訳としては、大きく分ければ解体に伴う費用と廃車手続きの費用の2つです。

 

解体に伴う費用は、引き取りの際のレッカー料金と解体作業費、それから場合によってはリサイクル料金の支払いが生じるでしょう。

 

 

レッカーの費用

 

 

既にリサイクル料金を納めているトラックであれば必要ありませんが、そうでなければ解体の際に支払わなければならないからです。

 

レッカー料金は業者により移動距離により異なるでしょうから一定ではなく、大体数万と言う他ありません。

 

解体作業費も解体業者によりまちまちで0円のところもあれば、1万から2万ほど作業費が発生する場合もあります。

 

ちなみになぜ0円で作業してくれる場合があるのかと言えば、解体したトラックの鉄くずなどから儲けを得られるためです。

 

その分作業費が賄えて、請求をする必要がないからです。

 

リサイクル料金を納めなければならない場合には、大型車で2万円ほどですからその範囲内と考えればよいでしょう。

 

実際のリサイクル料金は自動車リサイクルシステムのサイトで確認できることを付け加えておきます。

 

 

 

解体も廃車手続きも費用要らずとなる手段も存在する

 

トラックの廃車手続きの費用は、それほど高いものではありません。

 

永久抹消登録であれば手続きに関する費用は生じないので、必要な用紙の購入代で済みます。

 

一時的に廃車扱いにする一時抹消登録の場合には収入印紙代が掛かります。

 

必要な用紙の代金は100円程度ですし、一時抹消登録時の収入印紙代は350円です。

 

トラックの廃車ということでは永久抹消がほとんどですから用紙代のみではあるでしょう。

 

 

自分でトラックの廃車手続きを行う場合には、
費用は最低でも用紙代は必要となりますから、安くて100円程度です。

 

廃車手続きの代行を業者に頼む場合には、その相場としては2000円から1万円です。

 

この際には用紙代は必要ないでしょうが、解体費用に手続き代行費用をプラスする必要があるでしょう。

 

トラックの廃車を業者にお願いする場合に、手段によっては費用を0円とすることも可能です。

 

廃車買取の業者であれば解体も手続き代行も無料で行ってくれることが多いからです。

 

トラック廃車に掛かる費用は解体と手続きの際に発生し、総額で場合により0円から数万です。

 

業者に代行をお願いする場合には、廃車買取の業者を通じて0円で済ますことも可能です。

面倒な手続きも代行出来て、廃車トラックを現金化できる方法とは?

廃車トラックを現金化できる方法

 

⇒1万円でも高く売りたいかたはこちら


ホーム