建設機械、重機の種類

土木重機でも買取可能

中古重機でも現金化できる。

 

⇒1万円でも高く売りたいかたはこちら

建設機械、重機の種類

 

建設機械を略して「重機」や「建機」と呼ばれています。

 

建設機械にはダンプや油圧ショベル、フォークリフトなど様々な種類の重機があります。

 

建築重機,買取 

 

掘削機・積み込み機

 

土砂などをショベルなどで掘り、ダンプなどに積み込む建設重機。

 

 

運搬機械

 

油圧ショベルなどで掘り出した土砂を載せる建設重機。

 

 

ブルドーザ・スクレイパー

 

ブルドーザーは、土砂のかきおこしや盛土、整地に用いています。

 

 

基礎工事用機械

 

建物などの基礎工事の際に使われる。

 

 

クレーン・荷役機械

 

クレーンを用いて、荷役を行う。

 

 

せん孔機械・トンネル工事用機械

 

せん孔やトンネル工事の際に使われる。

 

 

締固め機械

 

道路を作る際に使われる建設重機で、地面やアスファルトを締め固める際に使用

 

 

モータグレーダ・路盤用機械

 

道路を作る際に使われる建設重機で、地面を平らにする際や整える際に使われます。

 

 

舗装機械

 

道路の舗装を行う現場で使われる

 

 

コンクリート機械

 

コンクリートを用いる現場で使われる

 

 

重機は手放したいと考えている場合

 

 

重機と建機の違い

 

重機とは大型重機であり、建設機械と同じ意味です。

 

ですが、細かな違いとしては

『重機』は土木・建設工事などに使用される動力機械類で掘削や資材搬入・搬出などを指します。

 

『建機』は土木・建築の作業に使われる機械で油圧ショベルやブルドーザー、ホイールローダーを指します。

 

そのため重機と建機は特に違いはありません。

 

 

重機の耐用年数と減価償却

 

耐用年数とは、減価償却資産が利用に耐える年数をいいます。

 

 

長期にわたり反復使用に耐える経済的に価値があるものの使用又は所有の価値の減価を、各年度に費用配分していく場合の、計算の基礎となります。

 

 

耐用年数を把握することで、納税額や減価償却費が決まってきます。 

 

 

平成25年度税制改正でブルドーザー、パワーショベルその他の自走式作業用機械設備の耐用年数が17年から8年に短縮されています。

 

油圧ショベル 5〜8年
ブルドーザー 5年
ホイールローダー 5年

 

重機の買取ランキングはこちらへ

重機買取では業界実績No1


ホーム