重機を売却時に必要になる書類一覧

中古重機でも買取可能

中古重機でも現金化できる。

 

⇒1万円でも高く売りたいかたはこちら

中古重機売却時に必要書類と手続き

重機,売却,必要書類

 

中古重機を売却して現金化するための必要書類をご紹介します。

 

重機には大型特殊自動車小型特殊自動車の2種類があります。
そして、
売却時の必要書類は大型特殊自動車と小型特殊自動車で異なってきます。

 

ここではそれぞれに必要な書類をご紹介します。

 

大型特殊自動車売却時の必要書類

印鑑登録証明書

 

近くの市役所などで取得できます。
発行して3ヶ月たつと無効になりますので気をつけて下さい。

 

自動車検査証

 

納税証明証

 

大型特殊自動車を売却すると償却資産と判断されます。
そのため、固定資産税が発生します。
ですので、納税をチェックするために、納税証明書を用意しておくとスムーズにいきます。

 

自賠責保険証明書

 

重機は車検が必要になっているため、自賠責保険証明書が用意してください。

 

委任状

 

売却を行う際に依頼主から会社側に手続きの委任を受けている事実を示す書類となります。
その場合、印鑑登録された印鑑で捺印されているのか確かめて下さい。

 

譲渡証明書

 

売却を行う際に依頼主から会社側に重機を譲渡しましたと証明する書類となります。
この場合も、印鑑登録された印鑑で捺印されているのか確かめて下さい。

 

 

小型特殊自動車(ナンバーがついてない重機など)売却時の必要書類

譲渡証明書

 

売却を行う際に依頼主から会社側に重機を譲渡しましたと証明する書類

 

こちらの場合は印鑑登録された印鑑で捺印する必要はありません。

 

販売証明書

 

依頼主が重機を売買する会社などに重機を販売した事を示す書類

 

この2つの書類を用意して下さい。

重機買取では業界実績No1


ホーム