ミニユンボ 買取 相場

ミニユンボの買取相場は高いの?

ミニユンボの買取相場は高いの?

動かなくなったユンボや処分したいユンボはありませんか?
今まで使用してきたミニユンボを売却したい場合、少しでも高く売りたいですよね。そんな時にユンボの買取相場や高く売れる方法をご紹介しています。

 

一括査定で買取金額差が140万円

 

ミニユンボの買取相場とは?

 

ミニユンボはコマツ、住友、ヤンマー、IHIなどのメーカーがあります。また、売却する際に査定額も高いものでは300万円の買取額がつくものもあるぐらいです。

コマツユンボ(バックホー) 年式:H11年 アワーメーター:1万弱 査定額300万円

 

コマツユンボ(バックホー) 年式:H5年 アワーメーター:7000弱 査定額78万円 

 

住友ユンボ(バックホー) 年式:H17年 アワーメーター:8000弱 査定額315万円

 

ヤンマーユンボ(バックホー) 年式:H3年 アワーメーター:9000弱 査定額:30万円

 

売却方法としては

 

売却方法としては店舗で査定してもらうとインターネットでの査定依頼方法があります。
店舗での査定の場合は電話でアポを取って査定依頼する必要があります。
また、店にもよりますが動かなくなったユンボの場合では断られることもあります。ですので、査定依頼する場合に今の状態を伝えておくとよいでしょう。

 

次にインターネットから査定依頼する場合は重機専門の買取している会社がおすすめです。査定依頼するのもネットから5分もあれば簡単に登録できます。
また、故障などで動かなくなってしまったユンボでも買取はしてくれます。
ですので、今は多くの方がインターネットから申し込みされる方が多いです。

 

 

高く売るにはどうするの?

 

ユンボを少しでも高く売りたいですよね。でもどうすればいいのか分からない方へ高く売る方法をご紹介しています。それは他社と競ってもらい比較するになります。
ここで問題になるのが1社1社に査定依頼をしないといけない面倒な部分があります。
それを解決してくれるのが重機・建機専門の一括査定に依頼することです。
必要事項入力で簡単に他社と比較してくれます。

 

 

アップ査定とダウン査定の見極め

 

査定アップポイントとして

 

ローアワー、鉄パッド、配管付、アームクレーンどれか一つがあれば査定はアップ査定になります

 

査定ダウンポイントとして

 

ドアがない、カバー類の欠品、アワーメーターが多い、シリンダーからの酷い油漏れ、下廻りや足回りからの油漏れ、腐食が酷い機械などはダウン査定になります。

 

一括査定で買取金額差が140万円


ホーム